看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2008年02月01日

精神との関連

今更ですが、今日はこのネタで・・・。

CRPSと精神との関連性についてここ最近思うことがあり、改めて書こうと思います。

CRPSのようなちょっと特殊で、難しい痛みというのはたいてい理解してもらうのにかなりの時間と労力を必要とするっていうのが私の経験から出た答え。

デモもちろん、そうじゃないことだってありますよ!

もうお互い慣れた中であるにもかかわらず、あぁきっとこの人分かってないんだろうなぁって思える人もいれば、初対面なのにこの人きっと分かろうって努力してくれているし、伝わってるなぁって思える人もいます。

それはたいてい言葉の端々や、態度となって現れるもんじゃないかなぁと思って見たりもしてます。

じゃあ、精神的に参っているから痛みが出るのでしょうか??

う〜〜ん・・・基本的に私はそうなのかなぁ??という疑問を感じます。

ここで注意。あくまでも基本的にはの話です。応用編として今から書きますね。

プラセボ効果というものをご存知でしょうか?プラセボ効果っていうのは、要するに心因性・・・つまり心の作用によってお薬がどこまで効くものなのかっていうのを判定するときなんかに使います。

例えば、「これはすごくよく効くお薬で、すぐに楽になりますよー。」っと言われて薬を飲むのと「これはあんまり効きませんよ。」といわれて飲むのでは、どっちがよく効くかってことですよね。

あとは注射と錠剤、どっちが効果ありそうに思えるでしょうか。

こういうのをプラセボといいます。

あとは本当に精神面から痛みの出る病気(身体表現性障害)などもあります。

心と体は二つでひとつと思うので、心の作用で痛みの強弱があってもおかしくないわけです。

ただ、私がなにを言わんとしているかというと、大体想像つく方もおられるでしょうが、気持ちの問題で痛いと決め付けてしまうことはあまり好ましくないと思うんです。

いわゆる「その痛み、その筋緊張は精神的だ。」ということ。

私はよく、こう言われます。

「おうちに帰ったのがよかったんだよ。おうちに帰って気持ちが楽になったからよくなっているんじゃない?」

確かに家にいることは精神的に落ち着きます。気を使わなくてもいいし、のんびりできて家に帰ったことは本当によかった。

でも、それと病気をつなげるのはいかがなものかと最近思うのです。気持ちが楽になると痛くなくなるの?ってことになりますよね。

家に帰ってからも、やっぱり痛いし筋肉もこわばったりします。

痛みはその人にしか分からないから、自分の物差しじゃないと測れないですよね。

それに痛いと訴える人の80%は本当に痛みがあるという研究を文献で読んだことがあります。

痛みと心の関係は確かに切っても切れないものだけれど、正しい病気の理解がはやく一般化するといいなぁと思っています。


ヤンママさんのヤンママの怪我(医療ミス)との格闘日記さんとリンクさせていただきました。ヤンママさんは2年以上入院をされているそうです。同じ医原性のCRPS仲間さんであり、心強い限りです。よろしくお願いしますね。


【関連する記事】
posted by まめ at 15:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sどんな病気でも環境がよくなれば調子がよくなる事はある事ですよ。でもそもそもCRPSは心因性ではないので、心の状態がよくても調子が悪い事は当たり前にあるわけですから、そこのところごっちゃにされるとなんだかな、と言う心境を察することができます。でも多くの人は、それほど深くものを考えて言葉を言ってはいません。自分が本当に辛い思いをしないとなかなか配慮って出来ないのかもしれません。それでも病気の理解が進んで真実が広まってもらいたいです。そうなれば皆で笑える日も近いのかもしれません。自分の病気と共に望むところです。
Posted by 綱 at 2008年02月01日 16:36
難しいよねえ、「痛み」の表現って客観性がないから、どんなに訴えても「そう言われても、検査の結果は異常がないから治るはず」などと何度も言われ続け、ガックリ肩を落としたことか。
身内からも「痛いと思うから痛いんよ。何でもいいから気晴らしをしてごらんなさいよ。」と軽く言われる始末。
RSDという診断を受けるまでは、確かに「気持ちの問題」なのかな?と疑ったりもしたけど、そうじゃないとわかったとき、逆にもっと恐ろしくなったのを覚えてるよ。原因が判らないからこの痛みはずっと消えないんだと思うと、目の前は真っ暗。
今でこそ積極的に治療を受けて、いろんな情報をかき集めて痛みを緩和できる手段を探すようになったけど、発病当初は「心因性」と言われていたから「心をコントロール出来なくなったんだ」と思い嘆いていたなあ。
理解ある医者に巡り合うことがなかなか難しい病気だから、もしかしたら他にも上手に診断されずに潜在している患者さんがいるんじゃないかと思えてならないんです。
そういう人たちが僕らのブログを見つけてくれるといいなあ。
Posted by よっちゃん at 2008年02月01日 19:23
まめさん、こんばんは。
私も痛みや筋緊張の原因は、精神的なものが原因では無いと考えてます。
「身体表現性障害」については初めて聞いたので、ちょっとだけネットで調べましたが、これとて精神的なものとは違うところに原因があるように思いました。

リラックスできる環境に身を置いたときに痛みが軽減されたような気になることがあるとしたら、それは、心がリラックスしたからではなくて、身体がリラックスしたからではないかと思います。

確かに、心と体は脳の中で関連し合っているという話を聞いたことがありますが、こと痛みや不随意運動に関しては、脳の中でも体を制御している部分とその末梢側である神経や筋肉との間で完結していて、心を司る上位側とは連動していないのではないかと考えてます。

な〜んて、最近考えてる仮説なので、またすぐに変わるかもしれませんが・・・。

ただ、原因がわからないとすぐに精神的なもののせいにしたがる医者がいるとしたら、そのお医者様は、決して根本的な原因を解明できないでしょう。
Posted by さざまる at 2008年02月01日 23:56
確かに精神的なもので、痛みの増減はあるとおもうし、その話も基礎やってるDrは口を揃えて言ってたよと聞きました。
但し、その研究マウスもCRPSモデルなんですよね。
痛みは間違いなくそこに存在する!!!!!!!。
これを理解できない、想像できないDrはやめてしまえ----と言いたい。
大抵の病気は、痛みから気づく事が多いんで、そこに鈍感なDrは、.........ですね。
Posted by はるべぇ at 2008年02月02日 09:19
綱さんへ
おっしゃるとおり、気持ちが楽になれば状態はよくなることはあると思います。実際入院時代はかぁなりのストレスで、胃に穴があきかけたり、円形脱毛症になったり・・・(涙)

でも、本当人の言葉をすべて疑いの目でみちゃうのってだめですよね。なんかずっと長い間、「おまえは精神的だー。」ってすりこまれてきたから、人間不信になってるのかなぁ・・・と思ってみたり。私のいけない所です。

早く病気が世間に認知されたいです。きっと世の中には私の知らないたくさんの病気で苦しんでいる人がたくさんいるんだろうなぁっと思うと、本当人事に思えないんですよね。
Posted by まめ at 2008年02月02日 11:14
よっちゃんさんへ
そうですよね。CRPSの最初って、検査でも異常がない、あってもわずかなもので信じてもらえない・・・。医者にすら分かってもらえないのだから、普通の医療者じゃない人になんて到底理解されることもなく、辛い思いをしますよね。

「痛いと思うから痛いんよ。何でもいいから気晴らしをしてごらんなさいよ。」かぁ・・・。私も言われたなぁと思いながら読みました。
気なんか晴れないよーって心の中でさけんだっけなぁ。CRPS患者さんの大部分は精神的・心因性と誤解されてるんじゃないかと思うんですよね。だから傷ついて、苦しんでいる人もいっぱいいるんじゃないかなぁ。

そういう人たちに、「そうじゃないよ。痛いんだよね、分かっているよ。一人じゃないよー。」って、ブログを通して発信していきたいですよね。
Posted by まめ at 2008年02月02日 11:20
さざまるさんへ
あーなるほどなぁと思いながら読ませていただきました。
結局のところ、脳っていうひとつの器官がすべてを制御していますが、痛みをつかさどる部位と精神を統合する部位って違うんですよね。だから、教科書にはよく痛みや不随意運動と精神との関連性が書いてあるんですがそれはあくまで病気じゃない人による仮説にすぎず、さざまるさんの仮説が本説だったりしてーっと思ってみたりもしています。

医師はとかく自分の手に負えなくなると精神的にしがちですよね。だけどそれって精神科にとっても失礼な話で、精神科は何でも処理屋でもないって思うんですよね。患者は医者を信じるしか、診断の手立てがないのだから、あんまり軽はずみなこと言われたくないですよね。

Posted by まめ at 2008年02月02日 11:31
はるべぇさんへ
そうなんだぁー。痛みがあるっていう前提での話なら、精神との関連性も否定しないよ。
でもやっぱり理解できないんだろうなぁと感じることが多いデスナ。
散々精神的だといわれ、精神科医に何度も診察を受けさせられ、異常がないと言われたら、逆ギレだったもん。それも、大学病院の教授が・・・。

私はそっちのほうが理解できなかったなぁと改めて思っとります。でもどうして医師はそこまでして理解しようとしないんだろうかと不思議になる時があるよ。もちろん理解を示してくれる医師もいるのはいるけど、まだまだ少数派。
正直精神科にいた半年の記憶は今でもトラウマだし、消し去りたいよ・・・。
Posted by まめ at 2008年02月02日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。