看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2009年11月17日

四十九日

このブログに来ていただいた大勢の皆様方から心温まるお言葉を賜り誠にありがとうございました。心より厚く御礼申し上げます。まめも本当に喜んでいると思います。

 まめは、四十九日間の旅を終え、ようやく向こうの世界にたどり着いて一息ついているところだと思います。生前、まめは病と闘いながら一生懸命、前向きに人一倍努力しながら生きてきましたので、きっとすばらしい世界で生まれ変われると信じています。
また、いまごろ、まめは大空の彼方から痛みもなく安らいだ顔に微笑みを浮かべて私たちを見守ってくれていると思います。

 さて、まめのホームページ「青空のように」では、現在、詩集や詩集展の作品を展示していますが、このたび、「詩のひろば」、「詩日記」というコーナーで彼女がいままでに書いてきた130点余りの詩の原本をすべて展示致します。
入院中のベッドの上や仕事から帰って眠れぬ深夜など、毎日の痛みによる苦しみ、辛さ、悔しさの中から生きたいという希望に一筋の光を見出そうとしてスケッチブックや日記帳に書き綴ったもので、まめの詩の原点がここにあると思います。

色鉛筆やペンで書いていますので少し読みづらいところもあるかもしれませんが、ご覧いただけたら幸いです。
                            まめの父


【関連する記事】
posted by まめ at 00:36| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まめさんのお父様へ

まめさんと同じ、CRPSと闘っている者です。
まめさんのblogには、「CRPS」で検索してたどり着きました。前向きで素敵なblogを、毎日、楽しく、そして励みに読ませていただいていました。
四十九日の旅、まめさんにとっては、24年という短いながらも、優しいご両親やご兄弟、お友達との思い出と一緒に、一歩一歩、進まれたのだと思います。
生前にお会いできなかったのは悔しいですが、まめさんの作詞された「4つのポエム」と、詩集を見させていただき、少しでもまめさんを近くに感じられたら…と思っています。
もし、また、まめさんの個展などを開かれるご予定がございましたら、教えていただけたらと思います。
まめさんの大好きな島根に、ぜひ伺いたいと思っています。

HP、何度も見させていただきます。空から、まめさんに励ましてもらっている感じがしました。ありがとうございます。
Posted by そうた at 2009年11月17日 01:25
毎日習慣のようにここを覗いてしまいます。

お父様ありがとうございます。
Posted by aya at 2009年11月17日 08:09
早いものですね...長い旅を終え今まめちゃんは安らぎの時を迎えているのですね...日曜日に戦友のお見舞いに行って来ました。そこで頂いた秋がたくさんつまった和菓子...ありがとうございました。頂くのがもったいない位の素敵な和菓子で暫く見つめていました。色々な事を思い出しながら...そして、戦友に手渡されたまめちゃんの写真...『あー彼女は本当に空に行ってしまったんだ』と、実感させられました。涙が...涙をこらえるのに必死でした。いつまでも泣いているとまめちゃんを悲しませるのでこらえました。たくさん、まめちゃんとの思い出を語りました。そして、改めてCRPSについても語りました。でも、戦友と共通して言えたのが...CRPSは憎いけれどCRPSになったからこその出会いだったね...ってしみじみ語って来ました。島根の景色の写真も沢山見せていただきました。たくさんの自然がそこにはありました。今はその空の上で走り回っているのですね。私は毎日空に話しかけています。毎日の日課です。今からまめちゃんの詩を見ます。お知らせありがとうございました。
まめちゃんへ
まめちゃん、長旅お疲れ様でした。久しぶりに足使ってつかれたんじゃない?大丈夫かな...mi-の声届いてる?○りも話し掛けてるよ...風切って走っているまめちゃんが目に浮かぶよ...あの優しい、かわいらしい笑顔でね☆そして空からあの優しい口調のまめちゃんが『美奈ちゃん諦めたらいけん』って声が聞こえて来そうだよ。寂しい気持ちは正直言って変わってない。けど、今まめちゃんは痛みから解放されたんだって思って自分を納得させている。毎日空に向かって話し掛ける事でmi-は救われているんだ。だから、聞いててね。そして、mi-がそっちに行った時はたっくさん話そうね。たくさん笑おうね。たくさん走ろうね。さよならじゃないんだって思う。絶対にまたあうんだからね☆
Posted by mi- at 2009年11月17日 10:36
まめちゃんのお父様、「詩のひろば」「詩日記」拝見いたしました。 まめちゃんの詩の原点である貴重なものを紹介していただき、本当にありがとうございました。

病床で書き始めたスケッチブックに綴られた詩、眠れない夜に綴った詩、その時々の彼女の様々な思いが詰まっていて、胸が詰まり、涙が止まりませんでした。  本当に一生懸命、一生懸命に生きた証を感じました。

まめちゃんのことを思い出すと、やっぱり涙が溢れますが、お父様が書かれておられるように、まめちゃんの来世はこの上ない素晴らしいものだと信じています。 そして、大好きだった青空の上から見守ってくれていると信じています。 

まめちゃんが教えてくれたもの、与えてくれたことを大切にこれから生きていきたいと思います。
ご家族の皆様には、まだまだ悲しみが癒えることはないと存じますが、どうかご無理のないようご自愛くださいませ。
Posted by けろっこ at 2009年11月17日 13:44
まめさんのブログを拝見するようになってから毎日訪れてしまいます。今も変わり無くアクセスしてしまいます。HP「青空のように」を拝見させていただきました。まめさんの、「生」への気持ちでいっぱいだと感じました。涙が溢れています。
私は10歳で「全身性ジストニア」を発病しました。もうじき26年が過ぎようとしています。何もかも捨ててしまいたいと思った時、HPが更新されていて、まめさんの自筆の詩を拝見して、自分の甘さを思い知りました。ありがとうございます。
乱文なうえに長文、すいません。
Posted by ポコ at 2009年11月17日 20:26
一生の宝物です。
まめさん、ありがとう。
Posted by mankichi at 2009年11月17日 22:15
いつも空を見上げるだびに、まめさんの事を思い出してしまいます。

まめさんと最後にやりとりした文章が、楽しいものではなかったので、それがずっと心にひっかかっていて、まめさん応えてくれないかな…とか、夢に出てくれないかな…など思ってしまいますが、私にはまめさんの姿がやっぱりどこにも見えなくて、寂しい想いをしていました。

でも、またお父様によって、まめさんのブログが更新されていて、HPも更新してくださって、本当に嬉しく思います。
またまめさんに逢えました。
御家族の方も、本当はまだブログどころではないかもしれませんが、まめさんに逢いたがっている沢山の人たちのために、更新作業、本当にありがとうございます。

まめさんはこの世界にいた時から、魂の次元が少し高い人だと思っていたので、生まれ変わる時は、痛みもなくて、もっと高尚な魂になっているんでしょうね。
そう思わずにはいられない人でした。
でも、「まめはね、」の一人称が、本当に可愛い女の子だな、ともいつも思っていました(^^*
Posted by ひま子(ひまわり) at 2009年11月17日 23:34
まめさんは49日も過ぎ、一人旅が終わったのですね。
今日は小倉の空はとても綺麗でした。
青い空、白い雲、まめさん大好きな空ではないかと思いながらその空を見上げていました。

まめさんのHP、拝見させて頂きました。
まめさんのブログもまめさんが亡くなられてしばらくして最初から拝見させて頂きました。
またゆっくり拝見させて戴きたいと思います。

まめさんの詩、
まめさんの素直な心が表現出来ていて、しかも多くの人の心に響く素敵な詩だと思います。
一人でも多くの人に見て欲しいと私はそう思います。

まめさんのお父様、ありがとうございます。
Posted by ビオラ at 2009年11月18日 17:21
ブログが更新されたとき。
まめさんがやっぱり嘘だよーって言ってるのかなってちょっと期待しちゃいました。

「詩のひろば」「詩日記」拝見いたしました。
まめさんの直筆を見せていただき、まめさんがもっと近くに感じました。
まめさんのお父様ありがとうございます。

まめさんの心安らかなことを心よりお祈りいたします。
Posted by そらのぴーすけ(インコおやじ) at 2009年11月18日 19:28
私はまだ先輩が
いなくなったこと
理解しとらんです
なんだかまだ
近くにいるような...

さみしいです
本当はもっと生きて
看護師してたかったんだと思うとくやしくて
しょうがないです涙
Posted by ゆか at 2009年11月19日 01:07
49日が過ぎたのですね。
とても早く感じます。
まめさんのホームページの詩集をしょっちゅう見させて頂いております。
時には励まされたり。
時には癒してもらったり
とにかく元気を貰えます。
まめさんも空からきっとCRPS患者の事も見てくださっていると思うから頑張ろう!!と
思い治療に望んでます。
HPで詩をみてから1月半程の間ですが、何度も救われました。

HPを残しておいて頂いてありがとうございます。まめさんのお父様ありがとうございました。
Posted by パオ at 2009年11月19日 23:58
Webサイト「青空のように」をあらためて拝見しました。

「詩のひろば」「詩日記」の詩を読むと切なく、そして、まめさんのご家族へのあたたくて強い思いが伝わってきまして目頭があつくなりましす。



こうしてまめさんのWebサイトを運営してくださっているご家族の方々に感謝もうしあげます。


・・・こんな事言っているとまめさんから「なぜに泣くぅ〜〜?」ってつっこみ入りそうですね・・・・・

Posted by pingu at 2009年11月20日 00:31
HP拝見させていただきました。
一度も個展におじゃましたことの無い私にとっては
こうして作品群を拝見できることや、草案ともいえる
スケッチや合唱曲まで聴けるというのは
ほんとうにありがたいことです。
でも、これ以上作品が増えることは無いのですね...。
それが良いことなのか悪いのかわからないけど
ただただ残念であり、悔しい思いです。

四十九日も過ぎ、十分に現実を受け入れたつもりでも
ここに来ると、この先にまめさんと繋がっているような、
いまだにそんな気がしています。
うぅ〜ん、もっと晴々とした気持ちでここに来るには
まだ時間が必要なようです。

もし、今後どこかで個展が開催されることがあれば
今度はおじゃましたいと思います。
その時は、もう少しまめさんを近くに感じることが
出来るのかな。
Posted by アキラ at 2009年11月20日 21:09
私も、毎日ここにお邪魔しています。
今でも、まめちゃんについメールを送ってしまいそうになります。
まめちゃんが残してくれたもの、大切に読ませていただきますね。
Posted by 近所のおねぇさん at 2009年11月20日 23:03
もう49日になったのですね。
まめさん
一人旅は寂しかったでしょうね。お疲れ様です。

まめさん。
私は、今も生きています。
まめさんのおかげで生きているんですよ。
毎日朝と夜にまめさんが天国で幸せに暮らしていますようにって祈っています。


まめさんのお父さん
ブログ更新ありがとうございます。

私は看護師ですが、精神疾患を持っているので普通の人と同じように働けなくて、一人で苦しんでいるところをまめさんに救っていただきました。
今はリハビリを兼ねて外来で仕事をしています。


まめさんの詩は本当に素敵です。生きているってことが凄い伝わってきます。生きている証です。


誠に勝手で申し訳ございませんが、出来れば、外来に来る患者さんに、まめさんの詩を広めて少しでもまめさんの詩で癒される人を増やしたいなと思っていますが、許可はいただけますか?
詩を通して、まめさんが生き続けている気がして私はどうしようもないです。勿論、著作権はまめさんなのでまめさんの名前で広められたらなと思いますが・・・。


誠に勝手な申しつけですみません。
Posted by プチ at 2009年11月20日 23:13
「詩のひろば」「詩日記」を掲載して下さり、ありがとうございます。
あれから少しずつまめさんのブログを読み返しております。
一気に読み終えてしまうのも何だかもったいない気がして、日々少しずつ読ませて頂いております。

まめさんの詩は、2年前に詩集を送って頂いたときに、素直な表現がストレートに心に響きました。

ホームページへのアップは、もしかしたらご家族の方にとっては、お辛い作業だったかもしれませんが、まめさんの詩に再び接することが出来たことは、私にとっては、とても嬉しいことです。
本当にありがとうございます。

まめさんの想いを、生きた証を、1つ1つ心に刻みながら、私自身の生きる糧にさせて頂ければと思います。

まめさん、見てる〜。
俺も頑張るぜ!
Posted by さざまる at 2009年11月21日 00:44
まめさんの詩から挫けそうな心に力をもらってます

ご家族の皆さま、本当にありがとうございます。



Posted by たけ at 2009年11月21日 00:45
まめさん、四十九日の旅、ご苦労さまでした。

また、Blog見にきますね!
Posted by mochi at 2009年11月22日 14:46
まめさん、TOMです。
そちらは、あったかいですか。
こちらは、そろそろジングルベルが聞こえてくる季節の到来です。

まめさんが天国に旅立ってから、私自身は、10月に、小脳の失調という症状が発症し、大病院に緊急入院ということになりました・・・。
そして、4週間の入院生活をして、外来通院可能ということになり、退院しました。

現在は、春の職場復帰を目指して、治療やリハビリに専念しています。

まったく、これからどうなるのか・・・なんて、考える時、”また、まめさんにメールを書きたくなっている自分”に気がつきます。

まめさんだったら、こんなときは、きっと、こんなふうに言ってくれるだろうな・・・なんて、勝手に想像した後で、まめさんにメールは、もう打てないんだ・・・という事実に愕然とします。


まめさん、でも、前向いてがんばってみるよ。
まめさんも、いつも、前向いてがんばっていたもんね。

たとえ先は見えなくとも、「今」を大切にしたいと思っています。

それじゃあ、またね。
「だんだん」って、「ありがとう」って意味だったよね。
まめさん、コメントを書かせてもらって、「だんだん」ですよ!

また、コメントするね。
「だんだん」!
Posted by TOM at 2009年11月23日 00:50
まめちゃん 49日の旅お疲れさまでした。少しは後押しのお手伝いできたかなぁ〜って勝手に思ってるんだけど、どうだったかな?

今頃は本当に自分の足で歩いているんだろうなぁ〜 そう思うと良かったのかどうなのか考えちゃうけど、まめちゃんは間違いなくあたしたちに、生きた証を残してくれたし、精一杯ってどうゆう意味なのか教えてくれた気がするんだ。
空から見てたと思うけど、とりあえず1歩進んで昨日退院してきた。年が明けたらもう1歩進んでくるから、見守っててよね。

まめちゃんのお父様そしてご家族様
原作を掲載していただいてありがとうございました。これからゆっくりゆっくり読み進めていきたいと思います。愛する家族のものだけにしておきたかったお気持ちもおありだったと思います。公開されたまめちゃんの作品はきっと、ご家族のお気持ち通り全国へ羽ばたいていっていると信じています。
Posted by camomi at 2009年12月03日 12:24
時が経つのは早いものですね。

お父様、お母様いかがお過ごしでしょうか。
四十九日を終えられ、悲しみは尽きないと思います。
失礼ばかりしていてすみません。

もう12月になりました。
3年前の12月、卒業研究でまめさんに我が家の娘のことを発表してもらいましたね。

発表の少し前に病状が進行していて、当日車いすで娘を迎えてくれたまめさん。

ちょっと緊張しながらも堂々と発表するまめさんが浮かんできます。

いつも空を見上げて、本当にまめさんはもうこの世界にいないのかと悲しみがこみ上げてきます。

もっともっと話せばよかった。
もっともっと会いたかった。

でも、きれいな夕日を見ると、当り前でいた今までとは違う感情がわいて出るのです。

どんな表情の空もまめさんが浮かんでくるのです。

貴女に会いたい…。

娘は毎月入退院を繰り返しながら、頑張っていますよ。

点滴のラインもなかなかとれません。あちこち青いあざをつくって、小さい足をみると代わってあげられたらどんなにいいかと悔やみます。

でも、娘はふとした時に笑うようになったんですよ。

カメラを向けると知らんぷりしたりして、シャッターチャンスは難しいです。

こんな表情して笑うようになったの、お空から見ていてくれてますか?

ひょっとしてまめさんに笑いかけてるのかな?

まめさん、寒くなってきました。
お空は過ごしやすいのかな?

でも、やっぱり「風邪ひかないでね」って言わせてね。

また来ます!!



Posted by みこママ at 2009年12月03日 23:29
はじめまして。

今年の春からブログを拝見させていただいていました。いつもまめさんの日記に励まされ、私も今を生きています。

私は、大学でコーラスクラブに所属している大学1年生です。来年1月に、定期演奏会で「4つのポエム」を演奏させていただきます。
あたたかい詩に想いをこめながら、日々練習に取り組んでいます。

終曲「ありがとう」には、特に想いを込めて、演奏しようと思っています。
上手には歌えないかも知れません。しかし、この曲集に出会えたこと、まめさんの詩に出会えたことに、本当に感謝しています。

精一杯演奏します。そらから、聴いていただければ幸いです。
Posted by 詩 at 2009年12月06日 21:57
はじめてコメントを書かせていただきます。
帝京大学混声合唱部コーラルソサエティの古矢と申します。

HPの更新は、ご家族にとっても大変つらいものだったと思いますが、今私は改めて祥子さんの残した詩や日記を読ませていただいています。


先日、演奏会で、4つのポエムを演奏させていただきました。
私は、その4つのポエムのステージで指揮を振らせていただいたものです。
初演演奏を聴けることも演奏会前にブログに遊びにきて知っていましたが、あえて聴かずに演奏会まできました。

この曲集に出会うことが出来たことに大変嬉しく思っています。
私たちの歌声が天国に旅立った祥子さんに届いたと信じています。そして、祥子さんは、私たちの心の中にしっかりと生きています。


上手く言葉にすることができませんが、この思いをご家族の方にお伝えしたく、このような形をとらせていただきました。
ご家族の方にお伝えしてかったので、失礼な点があれば消してもらって構いません。

また、ブログに遊びにきます。
今度は、初演演奏が聴けるかなと思います。


古矢朋子
Posted by 古矢朋子 at 2009年12月07日 17:38
はじめまして、
岐阜大学3年の豊田敦史と申します。

現在、私は岐阜大学コーラスクラブで指揮者としてまめさんの書かれた4つのポエムを振らせていただいています。
また、一月には演奏会にて4つのポエムを演奏させていただきます。

まめさんの前向きな詩やブログを見させていただき、日々勇気をもらっていました。
4つのポエムと出会い、まめさんやまめさんのあたたかい言葉の数々に出会えて今はとても感謝の心でいっぱいです。
直に会ったことはありませんが、こうして出会えたことに感謝します。

拙い演奏ではありますが、岐大コーラス110余名で心をこめて歌わせていただきたいと思います。

失礼いたします。


豊田敦史
Posted by 豊田敦史 at 2009年12月09日 01:15
東京在住のOLです。
ドキュメンタリー番組で拝見し、かわいくて賢くておしゃれも好きで、、本当に身近な友達みたいな女の子である祥子さんが難病と一生懸命戦っている姿に衝撃を受けました。まさか亡くなっていたなんて、ほんとにショックで涙がでました。ご家族の悲しみはいかばかりかと思います。私も母をがんで亡くし、旅立ったときは痛みから解放されて自由になれたね、とそのイメージを支えにしていました。きっと祥子さん、今いっぱい歌って走り回って、おしゃれしてると思います。遠くに住む、出会うことのなかあったはずの私の中にもちゃんと残っています。
Posted by ゆみ at 2009年12月17日 23:14
お父様、ありがとうございました。
少しずつですが、まめちゃんの生きてきた証を読ませていただいています。

本当に素敵な、まめちゃん。
感受性豊かで、本当に可愛い女の子。
まめちゃん。会いたかったです。

今からの人生、出会いを大切に一生懸命生きなくてはと思っています。

ご家族の皆様、くれぐれも風邪をひかれませんようにご自愛ください。
ありがとうございました。
Posted by ブルー at 2009年12月22日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。