看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2009年08月11日

看護師さん

私が初めてこのM病院に来て、ちょうど2年になります。

2年前の7月の終りに、かけこむようにしてやってきたこの病院。

まだ建物は新しくて、高台にあるホテルみたい。

M病院7階東病棟とのお付き合いは、もうずいぶん深くなった。

看護師さんと助手さんのほとんどみんなの名前が言えるよ。

逆にスタッフの人たちみんなも、「まめちゃん」って可愛がってくれる。

毎年何回も入院してるし、若いのは私くらいだからみんなからよくしてもらってます。

すごく優しい看護師さん。

治療がうまくいかなくて、体中痛くて痛くてうなっていると背中をさすってくれる。

時には厳しいけど、納得がいくまで説明してくれる。

人手がたりなくて忙しいはずなのに、夜でも話を聞いてくれる。

こないだなんてさ、もうなにもかも嫌になってふてくされて一日中布団かぶってたのね。

薬も拒否、食事も拒否、話しかけられてもうんともすんとも言わず。

みんなだいっ嫌いって思ってた。

でね、トイレに連れていってもらったんだけど、なかなか出なくてね。

なにをやっても排便してくれない。

介助してくれた看護師さんの数が、2人…3人と増えていって。

私は苦痛に顔を歪めて、目をぎゅっと閉じて下を向いてたの。

そしたら主任さんが「まめちゃん、顔をあげてごらん。みんな心配してきてくれたよ。」って。

パッと上をむくと、5人の看護師さんたちがいたの。

Uさん、Nさん、Kさん、Oさん、そしてKさん。

準夜帯で忙しいはずなのに、準夜さんや残っていた日勤さんもかけつけてくれてた。

なんか膨れっ面してたのが馬鹿みたいでさ。

みんなこんなに心配してくれてるのに、私はアホだなぁって。恥ずかしくなっちゃった。

チームが違う看護師さんも、心配して顔を見に来てくれる。

受け持ちさんじゃないのに、わざわざおしゃべりしに来てくれたり。

本当に優しいなぁ。ありがたいな。

辛くて苦しい時だからこそ、看護師さんの暖かさが心にしみます。

今日なんてさ、寝たきりの私を3人がかりでシャンプーしてくれたよ。

痛くないようにベッドごとお風呂場まで移動させてね。

師長さんまで洗ってくれたの。

超VIP洗髪だったよ。


いつも「よく頑張ってるね。一緒に乗り越えようね。」って言ってくれる。

すごく心強い。私は一人で闘っているんじゃないんだ。

わがままばかり言ってしまうけど、看護師さんたちに元気になった姿を早くみせてあげたい。

いつも優しい看護師さん。

ありがとう。
【関連する記事】
posted by まめ at 13:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優しい看護士さん達に囲まれて本当に良かった。
みんな凄く心配してくれているんだね。一人で闘っているんじゃないね。『一緒に乗り越えよう』...看護士さんの口からその言葉が聞けてるのって本当に心強いよね☆髪の毛洗ってさっぱりしたかな...いいねー。美容院なみの気持ちよさだったんじゃない♪みんながまめちゃンの事凄く心配して気にかけてくれてるんだね。安心したよ。信頼関係大事だもんね♪たくさん甘えてグチ聞いてもらいなね☆そして、今は色んな答えは出ないと思うけど、本当の笑顔を取り戻せる事を思っているからね☆
Posted by mi- at 2009年08月11日 22:06
こんばんは
はじめまして
病気と闘っているまめさんに、何と言葉をかけていいのか、言葉がみつからずなかなかコメントも書けずいました。
まめさんのブログを読んで、元気とがんばる力をもらってます。
ありがとう。
本当にありがとう。
まめさんの痛みが少しでも楽になるように、心から願っています。
Posted by あけこ at 2009年08月11日 22:51
まめさん、プログ、思っていたより、早く、更新できたね、私も、怪我や病気で、随分、看護師さんには、お世話になって、有り難味は、体に染み付いているよ、洗髪、トイレどうにかでも、行ける様になってよかった。頑張った分、辛かった分、看護師さんに、どんどん、甘えても、良いと思うよ、皆に、見守られて良かったね。東京より☆
Posted by しん at 2009年08月11日 23:15

そう思える気持ちを持ってる、まめさんもとっても強いですよ!
私の通う病院の職員さんや関わりのない看護師さんも、みんないつも明るい表情で挨拶してくれてリハビリに通うのが逆に楽しみになってるくらいです。
明日、リハビリです。
頚部の変形が進んできていて、首を動かすのが痛いし難しいけどOTの先生がいつも『ごめんねー』と言いながらストレッチしてくれます。
明日も痛みで力んじゃって、目をつぶっちゃうだろうけど頑張ってきます!!
Posted by 花火 at 2009年08月12日 20:11
お久しぶりです
電極の交換&静養で、大学病院に入院してて看護師さんに囲まれて生活してます。CRPSになって秋で二年…その時入院した時のスタッフさんで
今も居られる方は少ないですが、手厚い看護をうけてます。最初の入院の時、2〜3週間お風呂に入れなくて、一日だけ入れる様になったとき、介助浴室で入浴したけど…抱えてもらったり、して入浴出来た。年頃の男子だから、裸体を看護師に見られるのは、恥ずかしい
だろうと、たぶんその日休みだった、男性看護師
べつグループの男性看護師さん 三人も集まって
洗髪など…一通りして貰ってうれしいかった(^O^)/本当に感謝です。
異動があって、その時の方々いないけど…
「ありがとうございました」って伝えたいです





Posted by パオ at 2009年08月12日 22:02
こんばんは。

記事を拝見していて、上手い言葉がみつかりません。

私は、辛いときには、正岡子規の言葉を思い出すことがあります。
それで、まめさんいも、その言葉(有名な言葉ですが・・・)をご紹介しますね。

>余は今まで禅宗のいわゆる悟りということを誤解していた。

>悟りということはいかなる場合にも平気で死ぬることかと思っていたのは間違いで、悟りということはいかなる場合にも平気で生きていることであった。




Posted by TOM at 2009年08月12日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。