看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2009年05月04日

大成功!退官記念コンサート

ゴールデンウイークもなかば、皆様いかがお過ごしでしょうか?

実はですね、先日の記事を読まれて不愉快なおもいをされた方がおられたそうで、

かなりたくさんの皆様からコメントをいただいたのですが、記事を非公開にしたいと思います。

コメントいただいた皆様、大変申し訳ございません。

ですが、コメントは削除したくないので記事は削除ではなく非公開にいたします。

先の記事にて、私は誰かを特定して書いたものではなく、閲覧しておられる方すべてにたいするメッセージです。

blogを始めて約3年、これまでに何十件と「あなたの治療は自分に合いますか?やってみたい」とメールをいただき、そのつど経緯を説明してきました。

ここ最近、また増えていましたのであえて書かせてもらいました。



さてさて、固い話しはおいといて…。

昨日、「勝部俊行先生退官記念コンサート〜勝部先生とゆかいな仲間たち〜」が松江市プラバホールにて開催され、大成功のうちに幕を閉じました。

勝部先生は30年以上に渡り、島根はもとより日本の音楽界を築いてこられました。

また、合唱王国島根を全国にしらしめたのが勝部先生でした。

これまで高校の教員、そして音楽指導者として数々の輝かしい功績をたたえ、教え子たちが高校の枠を越えて一つになり、大演奏会を開くというものでした。

私は平成13年〜15年の3年間、合唱部の顧問として勝部先生にお世話になりました。

そして全国大会出場や、数々のコンクールで金賞を頂いたり、定期演奏会などを通して合唱の楽しさを教えていただきました。

高校卒業後、しばらく合唱からはなれていた私に再び声をかけていただき、今も先生の元で合唱を生涯の楽しみとして音楽作りに励んでいます。

私にとって勝部先生は、言い尽くせないほどの感謝と喜びでいっぱいの恩師です。

その先生が退官されるということで、なにか形に残るプレゼントをしたいと諸先輩方が考えてくださり

みんなで合唱曲を贈ろうということになりました。

そして、その作詩をしてくれないかと声をかけられたのが昨年の暮れでした。

先生の教え子はたくさんいます。中には世界で活躍されておられる方も大勢おられます。

そんな中で、私が…?正直戸惑いました。

まず依頼されて詩を書いたことがありませんでしたし、私は日頃思い付いたときにしか詩は書けません。

だから、はいわかりましたとすぐに納得することはできませんでした。

でも、私は先生にどれだけ生きる力と歌う喜びを教えていただいたんだろう…明日をも分からぬ時、再び生きる喜びを下さったのは先生や先輩、後輩だ。

私にできることなら、力になりたい!そう思って承諾しました。

作曲家は、勝部先生とゆかりの深い尾形敏行先生。

混声合唱とピアノのための「4つのポエム」を作曲して下さった先生です。

尾形先生と勝部先生が出会ったのは今から20年以上前。

尾形先生の名をしらしめた「風に寄せて」という曲集を演奏し、感動した勝部先生が尾形先生のもとを突撃した…というのが始まりだそうで、以来数多くの尾形作品を勝部先生は演奏してこられました。

また尾形先生と作品作りができるということにも、かなり興奮しました。

とにかく急いで詩を作らなければ曲ができない…ということで、今年に入ってたから作品作りを始めました。

何度か尾形先生にも手直ししていただき、完成したのが「こころ」という詩でした。

「こころ」

5月の若葉なような 力強いこころ

見渡す限り広い大空のようなこころ

たくさんのこころが 僕たちのこころに伝わってきて

歌うってこんなに 楽しいものなんだって

初めて知ったそのこころ

いくつになっても 愛情と優しさにつつまれて

ずっと ずっと 残ってゆく

紅葉の紅のような 情熱のこころ

はてしない海のような ひろいこころ

美しいこころから 感じたたくさんの未来

だからぼくらは 歌い続けたい

心をふるわせて 明日にむかって

出会えた奇跡を この宇宙の下で

いつまでも いつまでも ありがとう



こうして3月の頭に曲が出来ました。

しかし調度私は入院に入り、4月の合同練習にも一度しか参加できませんでした。

でもね、総勢150人の大合唱団!すごくレベルが高い!

なによりも、壮大かつ繊細な曲の出来上がりに感動しました。

本番は、先生が初めて全国優勝を果たした時の自由曲「のびる」

尾形先生との出会いとなった「風に寄せて その1」
尾形先生への委嘱作品で、私の母校が初めて全国大会出場を果たした時ね自由曲「もし、鳥だったなら」

最後に、混声合唱とピアノのための「こころ」を歌いました。

会場はお客さんがあふれ、われんばかりの拍手でいっぱいになりました。

「こころ」は尾形先生が伴奏され、感動的なステージになりました。

先生の目頭からは、感動の涙もありました。

この場に立ち会えたこと、そして勝部先生の教え子であれたことを、心から誇りに思います。

先生、お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

これからも、私たちの太陽でいてください。

私にとっては、一生忘れられない演奏会でした。
【関連する記事】
posted by まめ at 16:36| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンサートの大成功、おめでとう!

作詞、凄い〜〜〜〜〜
心温まる素敵な詩だと思います。
退官される先生はこの感動を一生忘れることはないと思います。
合唱曲のプレゼント、最高の贈り物ですね。

今日はこちらは雨、
昨日から足が痛い〜〜〜
薬を飲んでも効かないくて、イライラですが、まめさんの記事で素敵な感動を頂きました。良かったぁ!と良い気分になれました。
素敵な記事をありがとう!
Posted by ビオラ at 2009年05月04日 17:15
まめさん、こんばんは。

演奏会の大成功!おめでとう^^
病気と闘いながらの作詞、大仕事だったのですね。今、「こころ」を詠んで涙でモニターがにじんでいます;;真に「こころ」に響きますね。恩師先生(言葉変ですね)もさぞ感激されたことでしょう。大合唱、生で聞きたかったです。
Posted by ポコ at 2009年05月04日 20:39
まめちゃん♪演奏会本当にお疲れ様でした。
『こころ』...とても素敵だね。透き通る心のイメージ、情熱のイメージ、そして、海のように静かな、それでいて大きな心のイメージ...たくさんのイメージがmi-の中をかけめぐったよ。本当に、毎回まめちゃんの『詩』には感動させられる☆ありがとう。
さてさて、mi-は久々に、珍しく体調がいいから、キャンプに行って来たよ。とても、楽しかった。帰って来て荷物の整理、洗濯、その他もろもろで、ぐったりしたけど、パソコン立ち上げて良かった☆素敵な『詩』で疲れがふっとんだよ。目の前で演奏を聞きたかったmi-でーす♪♪♪
Posted by mi- at 2009年05月04日 20:51
コンサートの成功、おめでとう!! (^-^) 無事に終わって、良かったですね。そして、恩師である勝部先生に喜んでいただけて、何よりでしたね。
まめさんも、退院後まだ十分に体力も回復してない状態での出演で大変だったでしょうが、お疲れ様でした。
たしかこのコンサートの様子って、全国放送されるんでしたよね?放送日時が決まったら、教えてくださいね。必ず見ますから。

これで、とりあえず一段落したのかな?次の入院まで、ゆっくりと休んで英気を養ってね。(治療の為に英気を養うって、変かしら?(笑) )
Posted by ぴえろ at 2009年05月04日 21:42
念願の退官コンサートの参加、そして大成功に終えることができたこと、本当によかったね。 「こころ」という詩、勝部先生との出会いやどんな方かということをはじめに説明してくれていたので、詩を読ませてもらって奥深く感じることができたよ。ありがとう。

すごいな〜、大人数の合唱。しかもコンクールで賞をとったりした合唱経験者の集まりだから、相当キレイな歌声だったんだろうね。
私も聞きたかったな〜。
そのトリをつとめる曲がまたまめちゃんの作った詩の曲だったなんて、これもすごい話だね。
こんな壮大なことに参加できて、貢献できて、本当に良かったね。おめでとう。 疲れただろうから、ゆっくり休んでね。
Posted by けろっこ at 2009年05月04日 22:36
おつかれさまデシター!!
ほんとに素敵なコンサートだったね♪最後にお花渡した時『もぉだめ…』ってかっちんが言ってた(^o^)
まめサンの詞も感動だったよ。かっちんに贈るピッタリの詞だった☆
今のアタシがいるのも、かっちんのおかげ(*^^*)受験の時はピアノで受けたから、ホントにお世話になったし、保育士として障害児クラスの先生になったのも、いろんな人のおかげだけど、かっちんのおかげでもあるに。
またこんな風にゆかいな仲間が集まれるとイイね(^.^)b
Posted by まゆこ at 2009年05月05日 10:49
合唱祭お疲れ様でした!!
退院後の間もないイベントで疲れも出たでしょう・・・
ゆっくり休んでね・・・
「こころ」、いい詩だよね。。
なんかゆかっぺの心もほっとするよ。。。
Posted by ゆかっぺ at 2009年05月05日 19:32
東高の現役生です。
先日はお疲れ様でした!
勝部先生に喜んでいただき本当によかったです。
今後はコンクールや定演などがありますが、今年こそ勝部先生を全国大会に連れて行くことを目標に頑張っていきたいです。


P.S 今回は詩を作ってくださり、本当にありがとうございましたm(_ _)m


Posted by かな at 2009年05月05日 22:17
こんにちは!
お疲れ様〜!上手くいってよかったね!!僕の父も定年ってことで、教え子から真っ赤なバラを60本もらっていました。そういうのっていいですよね!僕もそうやってもらえるような人間にならないといけないと思う今日この頃です・・・。
最近は、いろいろな病気にかかる人が増えてますね!僕の周りでも、バセドー病やクローン病など、今まであまり聞かなかった病名が多くなってきました。自分の知り合いにいるのはちょっと驚きですね!ほんの数年前には認知されていない病気なんですけどね・・・。やっぱり、いろいろなワクチンが開発されたり、食事形態が変わってきたからなんですかね・・・。病気とは堂堂巡りで、一つのワクチンが開発されれば、より強い病気が生まれるという感じで、終わりがないですよね。まあ、病気になるのはしょうがない部分があるんですが、突然原因不明の難病になるのはショックですね!僕の友達もかなり落ち込んだって言ってました。ではでは!
Posted by ケイ先生 at 2009年05月06日 08:49
ビオラさんへ
えへへ、ありがとうございます。
おかげさまで、大成功することができました。
一大プロジェクト発案から約1年・・。
みんなの願いがかなうことができました。
本当にすばらしいコンサートでした。
作詩した曲も、すごく素敵なものに仕上がっていて
おまけに150人の大合唱ですから、迫力満点!
久しぶりに燃えましたよ〜。

連休はいかがでしたか?
どこか行かれましたか?こちら島根はお天気には恵まれて
めちゃ暑かったですよ。
Posted by まめ at 2009年05月06日 18:07
ポコさんへ
ありがとうございます。
恩師にたいする気持ちが、伝わったかなって・・・。
他のOB・OGの皆さんからも、好評をいただいたので嬉しかったです。
先生も喜んでくれて、すごく嬉しかったです。
生きる力をくださった先生に恩返しが少しでもできたかなって。
これからも、合唱を通じて先生に恩返しをしていきたいです。

合唱は、生ではありませんがN○Kさんから全国放送される予定です。
よかったら見てくださいね。
Posted by まめ at 2009年05月06日 18:10
mi-さんへ
たくさんのイメージが伝わってきた??
よかったぁ。本当にね、すてきな先生なんだよ。
情熱的だし、繊細だし、優しくておおらかで・・・。
たくさんの心を持っている先生なんだ。
どうやって先生のことを表せばいいかなって
思ったけれど、やっぱり先生の心が一番かなって思ってさ。
気に入ってもらえて嬉しいよ♪

mi-ちゃんはキャンプに行ってきたんだね。
楽しかった??お疲れ様。
パパと○りちゃんも一緒かな?
私も子どものころよく家族とキャンプ行ったな。
楽しかったな〜。
素敵な連休になったみたいで、よかったね。
Posted by まめ at 2009年05月06日 19:11
ぴえろさんへ
無事にコンサート終わりました。
本当に素敵な演奏会になったので、嬉しかったです。
なにより、先生の教え子でいれたことを誇りに思える瞬間でした。
「こころ」本当に素敵な曲なんですよ。
体力はまだないんですが、そんなことを
感じないくらいの喜びで、無事に終わることができました。
この模様はN○Kの福祉ネットワークという番組で
紹介される予定です。また放送日が決まったら
お知らせしますね!
Posted by まめ at 2009年05月06日 19:18
けろっこさんへ
ありがとう!無事におわったよ〜♪
最初はコンサートまでに退院できるか心配
だったけれど、ちゃんと参加することができて
よかったよ。本当にすごい演奏会だったよ。
勝部先生ってね、本当に全国的に有名な先生なの。
日本は世界でも合唱レベルが高い国でね、
その日本で全国優勝も経験しておられる
先生なんだ。今は、息子さんがあとをついで、
去年全国大会で金賞を受賞されたんだよ。
島根に勝部あり!!ってね。
だから、そんな先生の教え子になれて本当に嬉しかったな。
こんなにすごい演奏会の一員になれてよかった。
この思い出は、一生大事にしたいな。
Posted by まめ at 2009年05月06日 19:21
まゆこさんんへ
本当にいい演奏会だったよね〜。
まゆちゃんと一緒に参加できてよかったわ♪
これも、かっちんが結んでくれた縁だよね。
私もかっちんには本当に救われたことがたくさんあったから。
だから、こういう形でお返しができたってすごく嬉しいよね。
まゆちゃんの今があるのも、私の今があるのも
かっちんのおかげ☆
やっぱりかっちんはすごい人だよね〜。
懇親会すごかったんだよー。
各校の高歌合戦とかあったし。
またこういう演奏会したいよね〜。
落ち着いたら、遊びにいこうぜぃ☆
Posted by まめ at 2009年05月06日 19:24
ゆかっぺさんへ
ありがとう☆
確かに退院まもなくのイベントで、結構疲れたけど
それ以上に感動という宝物をもらったよ。
本当にすばらしい演奏会だったんだ!!
私にとって、きっと一生忘れられないかな。
「こころ」も、みんなのこころを合わせて
歌うことができたよ。
150人の大合唱で、迫力すごかったよ。
ブラスと弦楽合同、総勢270人の全体合奏は
ホールが壊れるんじゃないかと思うくらいの
大演奏だった。本当、一生忘れないと思うな。
Posted by まめ at 2009年05月06日 19:28
かなさんへ
先日はお疲れ様でした!!
東高の現役の子なんだね。
演奏会、無事に終わってよかったよね!
一緒に演奏してくれて本当にありがとう。
現役の子たちのパワーはやっぱりすごいよ。
去年もすごく上手だなって思ってたけど、
また腕を上げたね。
今年は期待してるよ。頑張って全国大会に
行ってね!!私も一般の部で、全国大会に
勝部先生を連れて行ってあげたいなって
思ってるよ。一緒に頑張ろうね。
定期演奏会、行けたら聞きにいくからね〜。
楽しみにしてるよ☆
本当にお疲れ様でした。
Posted by まめ at 2009年05月06日 19:31
ケイ先生へ
どうも〜♪
無事に終わりました。大大成功でしたよー。
先生もすごく喜んでくれたんで、本当に嬉しかったです。
こうやって、慕われる先生って本当に人としてすばらしいですよね。
先生のために、遠くはロサンゼルスから
帰国した方もおられて、あらためて先生の
偉大さに感動でした。
私も、そういう人間になりたいですね。

突然難病になるって、辛いことですよね。
私も、まさか自分が・・・って感じでしたもん。
私の友達にも、難病と闘っている子がいるのですが
病気は違っても、なんか気持ちが通じるところがあって
何でも相談できる大切な親友です。
病気になるのは辛いことだけれど、病気を
マイナスとしてとらえるのではなく、
前向きにプラスにとらえられるようになったら
いいなぁって思ってます。
Posted by まめ at 2009年05月06日 19:35
北高を四半世紀も前に卒業した、おじさんです。演奏会当日はわたしもステージに乗っていました。
合唱部ではなかったので残念ながら件の曲は歌っていませんが客席で息子と聴いていましたよ。息子は中学で私同様吹奏楽部に籍を置いていますが、今年から合唱部でも活動を始めていて、当日は終始目を輝かせて聞いていました。
かっちんの素晴らしさは当日の会場の雰囲気から彼も十分感じ取ることができたようですが、それにもまして「こころ」の持つ力強さが彼の琴線に触れたようです。
素晴らしい演奏と曲に触れて、確実に息子のこころも豊かになったとよろこんでいます。本当にありがとうございました。
ただ「私の出来は?」という問いには「まぁがんばっとたね」と極めてクールだったのがちと悔しくはありますが…。
Posted by matchang at 2009年05月09日 02:00
matchangさんへ
先日はお疲れ様でした。
素敵な演奏会になって本当によかったですよね。
共に合奏(ハレルヤ)とかできたことを
嬉しく思います。今、北高はしゅん先生ですよね?
去年は全国大会で金賞と、息子さんもさすが!!ですよね。
もはやお父様と比べるのは失礼になるくらい・・・。
matchangさんも、親子で勝部ファミリー
とは、すごいですね。なんか勝部先生の
偉大さを改めて感じました。
こういう機会ってなかなかないと思うので、
立ち会えたことをとても嬉しく思います。
Posted by まめ at 2009年05月11日 11:02
まめさん、(こころ)みつけたよ。
https://www.youtube.com/watch?v=OAbH64pfMUw

shoubougenzou さんありがとう、

まめさん、ありがとうね。
Posted by take at 2015年11月10日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。