看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2009年01月29日

心電図

今日も保健指導してきましたぁ。

今日も最初は先輩についててもらって、2人目からは一人で指導。

やっぱり1人で指導するって緊張するね。

今日はね、30代の男性で、心電図が異常な人がいてね。

私心電図見るの苦手だから、あせっちゃった^^;;

異常Q派がでてます・・・ケド・・・う〜〜〜ん・・・汗汗汗汗

確かにそうだけど、う〜〜〜〜ん、なんて説明したらいいんだろう。

とりあえず今すぐ治療しなくちゃいけないような状態ではありませんよーっと説明し、ドクターにもチェックしてもらって、ふぅ〜。

っとおもったら、この人血糖値も高いじゃん!

治療はしてますか??っと聞くと、「定期的にチェックしているだけで薬は飲んでないんだよね〜。」

っと!!なな!この数値でぇ!?

「どうしてですか?」と聞くと

「だってこの年から薬を飲み始めたら、年をとったときに効かなくなるんじゃないかと思うと、飲むのがイヤで・・・。」

ってさ。なるほどねー。

けっこうさ、誤解している人多いんだけどさ

血糖も血圧も、なにも若くから薬を飲み始めたから効かなくなる・・・なーんてことはないんだよね。

まずはコントロールが大切なのだ!

コントロール次第では、血圧だって血糖だって、コレステロールだってきちんと自己管理ができるもん。

なによりも、治療しないでほっておいて合併症が起こったり悪くなって薬ではすまなくなるほうがよっぽど怖いんですよーって説明しました。

そうしたら先輩看護師さんから「いい説明方法だったね。」ってほめてもらいました。

嬉しかったな。なにより、これがきっかけで患者さんが治療を受ける気になってくれたらいいなぁ。

ってか、若い頃から麻薬や劇薬級の薬を常用している私ってこの先どうなるんやろ・・・^^;;

こんなやつが健康指導してていいもんですかねー(笑)

いけませんねー。自分自身もなんとかせにゃーねぇ・・・。

体もそうだけど、心もね。

今のままじゃ、だめになる・・・それは体もだけど、心も。

そう思うことが、よくあるから。

ま、ぼやきっすわ〜♪

姉ちゃんとは話が合うんでさ、年末に2人でぐちりあいました。

こういう時って同性のきょうだいっていいもんだよね。

ってか私は同性のきょうだいしかいないけどね(笑)

さぁ〜て、明日もいつもと変わらぬお仕事の日々だー。

がんばるぞぃ↑↑

もーすぐ国家試験の季節だね〜。

あれから2年っすかー。早いもんだね〜。

壮絶だった国家試験。よくあれで合格できたもんだなぁと・・・。

われながらすごいと思う^^;;

なんせ国家試験前の12月から国試当日まで入院してたしね。

でも、あのときの合格があるから今の私がいるわけで・・・。

看護師と保健師の同時受験って本当に大変なんだけどね。

うちらの学年は5期生なんだけど、開学初の看護師保健師合格率100%達成!!

伝説の5期生なんだよ〜ん。

これがじぶんの自慢かな。

だってね、4年生の初めのオリエンテーションで学科長から「国家試験に受からなければただの人なんです。」

っといわれ、ポカーンとなったもん。

でも必死で勉強して、分厚い辞書みたいな参考書は今でも大切に使ってるよ。

もう二度と国家試験は受けたくないけれど、友達と勉強したのはいい思い出だなぁ〜。

ということで、今日つまずいた心電図を勉強してきまーす。


【関連する記事】
posted by まめ at 22:15| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
保健指導デビューおめでとうございます!
始めは誰だって緊張するものね、経験を積んで自信につながっていくのでしょうね。勉強もしなきゃ、ですね。ファイト!
Posted by ひまわりfms at 2009年01月29日 22:35
こんばんはー☆今日も一日お疲れ様でした。mi-はリン酸コデイン二日目...吐いたよ−(泣)けど、めげずに頑張るぞ!!まめちゃん保健指導のアドバイス!いい説明だよね。mi-が患者でまめちゃんに保健指導うけてたらきっと『治療しなくっちゃ...』って思うよ!!凄いね!その調子♪心電図かぁ...心電図はmi-も笑った話があってさペインのリドを3年前に受けてる時に急に心電図が
ぴーって...止まって...『あれっ、mi-ってば生きてるの?それとも事切れた?』ってドキドキしてたら主治医が『心電図停止です』って時間まで読み上げて...笑ったなぁ...結構りどなれてなくて辛かったからなんか笑えたんだぁ。ほんとだったら笑ってられないけどね(汗)それと、先週心電図をつけてリド受けてたらなんかへんな音するのね...『ぴっ、ぴっ、ぴー、ぴっ、ぴっ、...』って...なになにー不整脈−って思ってたら1個はずれてたねーってリド落とし終わった後に...『おいおい、だいじょうぶかーい』ってね。そこはさすがに笑えなかった。その時の担当の看護士さん、終わった後にバイタルもとらずに1時間安静にもさせずに帰そうとしたところ、mi-の担当あらわれて『だめだめー1時間安静だよー、ルートもとっておいてー』って...ちょっとー大丈夫ーってねっ、(汗)まぁ、そろそろリドもきかないからってかまったく効かない(泣)別のペインで『ケタミン』かぁ...先生の交渉がうまくいきますように。明日はMRIと血液検査結果を聞きに病院に行ってくるね。リン酸コデインは今日一日気持ち悪かったけどちゃんと飲んだ。けど痛みはぜーんぜんとれない。気持ちわるいは痛いはで...ハン泣き状態。どうしよう、明日のMRI中に気持ち悪くなったらー恐いよ−(泣)まめちゃん、今夜もゆっくり寝て明日に備えてね!おやすみなさーい☆☆
Posted by mi- at 2009年01月29日 22:40
そうそう、薬とは上手に付き合えばいいんですよ。
自分で必要と分かった薬なら、コントロールして行けるんじゃないかな。
Posted by わんこ at 2009年01月29日 23:36
まめさん、、やすは、ボトックスとDBSの数値を上げてもらって、少し、復活しましたよ。
まめさんは、どうですか??少しは、調子、よくなってきましたか??私も先生に、あまり電圧を上げると、電池の消耗、、速くなるよって、脅されました。(涙)でも、、もっといい状態になりたいって、思ってしまんですよね。患者としてはね。時々、医者と患者のギャップみたいなこと感じます。
Posted by やす at 2009年01月30日 12:53
こんにちは!
確かに、情報化社会になりたくさんの情報が蔓延し、何が正しく、何が間違いかわからない社会になってますね!
僕は、フィットネスでレッスンもしているんで、痩せる方法とか聞かれるんですよね!食事減らしてるんですよとかバナナダイエットしているとか・・・心の中では・・・あっ!騙されてる!って思っています。食べなければ痩せるというのは間違いなんです。確かに見た目は痩せているように見えても、脂肪が減っているんじゃなくて、筋肉が退化してるんです。体っていうのは、たくさんのエネルギーを消費して動いています。このエネルギーは摂取(食べること)によって補っています。ってことは、食べなければエネルギー不足に陥り、体の蓄積分から補おうとするんですが・・・ここが重要なんです。体に必要なエネルギーが補充できない場合、『筋肉』から補ったり、筋肉から補えなくなると『骨』から補ったりするんです。要するに、痩せてるんじゃなくて『筋肉の退化』ってことですね!最近、若年層で骨粗鬆症になる人が多いのは、食べないダイエットを行なった結果、エネルギー不足で骨からエネルギーを吸収され、骨の中身がスカスカになった為だと思われます。
もちろん、上記の内容と変わらないのでバナナダイエットもダメ!要するに、食べ物を減らして痩せる方法は危険が伴うってことですね!
健康は『バランスの良い食事』『適度な運動』『安定した睡眠』から成り立ちます。まめちゃんも気をつけてね!ではでは!
Posted by ケイ先生 at 2009年01月31日 13:32
こんにちは。

心電図っていうと、心臓カテーテルの検査入院時などのずっとつけっぱなしでナースルームで監視できるものなども含めて私も病気のために、数え切れないくらいとっているわけでして、なかなか親しみがあります・・・(苦笑)

書店に行くと、看護関係のコーナーに、可愛らしい本で、わかりやすく心電図を解説してある本があるので、買っちゃおうかどうしようか迷いましたが、考えて見ると、自分で心電図検査の機械をもっているわけではないから、「別に、いいっか〜」なんて、思ったりしています・・・(^^)7
Posted by TOM at 2009年01月31日 14:35
私はCRSPの病気です。毎日が苦痛でしょうがない…だから友達がいなくて

友達になっていただければ光栄です。

Posted by 優衣 at 2009年02月01日 16:42
おつかれさまぁ。。。
まめさん、すごいよ!!ゆかっぺは尊敬しちゃいます。
お薬はゆかっぺもイッパイ飲んでいるけど、コントロールが難しいよ・・・
保健指導って大変そうだけど、まめさんならいろいろな患者さんに納得してもらえそう!!
ゆっくりとがんばってね。。。
Posted by ゆかっぺ at 2009年02月01日 20:02
糖尿病は合併症が一番怖いものね。健康な人なら、きちんと薬飲んで、食事と運動に気をつければ普通の生活が出来るのだから、まめさんの説明を聞いて早くきちんとした治療を受けてくれるといいね。
ちなみに運動が出来ない私は、薬と食事療法でHbA1c5.2前後を保っています。(^-^)v 最初いつものルーチン検査のときに、念のためにとHbA1cも検査してもらったら7.5あって、そのまま即座に内分泌へ。そして検査データを見るなり、内分泌の医師から「糖尿病ですね。」とのお言葉が。本当に焦りましたよ。まさか自分が生活習慣病になるなんて思ってなかったから。でも今は合併症さえ起きなければ、これに関しては「一病息災」だと思っているけれどね。

ケタミンも今のところ順調だよ。この間は本当に血流があるのかと思う位足が冷たくなるし、立てないくらい痛くてつらかったけど、足の冷たさも普段感じている程度にまで戻ったし、痛みもそれなりに落ち着いたから。
来週は水曜が休みで違う曜日にケタミンしに行くから、担当医もいないし今からちょっと緊張してるの。まだ明後日は担当医に会えるし、担当医もちゃんと代理の先生に話しておいてくれるから、大丈夫だとは思うけれど。いつもと曜日が違うと医師の顔ぶれも全く違うから、何だかそれだけで緊張するの。こんなのっておかしいかな?
Posted by ぴえろ at 2009年02月02日 11:21
ひまわりfmsさんへ
ありがとうございます!!
一人だち・・・にはまだまだ経験不足なんですけどね(笑)
異常のない人も、異常のある人にもきちんとした知識が
伝えられるように勉強せねばっっって感じです。
ウソを教えたら大変ですもんね。
人に教えたり、伝えたりするのってすごく難しいなって
思いました。これからも頑張ります♪
Posted by まめ at 2009年02月02日 20:44
mi-さんへ
ありがとうね♪
そういってもらうと、自信がつくよ。
あの人、きちんと診察受けてくれたかなー。
もしまめがきっかけになって、治療を受け様って決めて
もらえたら、やっぱり嬉しいよね。
その人も、合併症にならなくてすむ可能性が増え
るわけだしね。
そういう大事な役割なんだなーって思うと、なんだか
緊張しちゃうよ〜〜。

心電図のこと、笑っちゃうね。
ユーモアのある先生なんだね。しらけた場を笑いに変えてくれるなんて
面白いねー。それで、リンコデやらリドカインは
どうかな??
やっぱりあんまり効いてないかな?
まぁ、まだこれからだよ。お薬なんて1日2日じゃ
効果ないし、ケタミンっていう方法もmi-ちゃんには
あるんだし。まだあきらめちゃだめだよ〜。
ファイト!!応援してるからね♪
Posted by まめ at 2009年02月02日 20:52
わんこさんへ
わんこさんのお言葉、しかと心に受け止めあしたっっ。
そうですよね、自分にとって大事なものはなにかを
きちんと見分けることも大事ですよね。
まめもお薬すごくたくさん飲んでて、だいぶん減らしたんですが
何のために飲んでいるのか、何のために減らすのか
時々よく分からなくなりますよ^^;;
Posted by まめ at 2009年02月02日 20:55
やすさんへ
こんばんは〜。
そっかぁ。ボトックス打ってもらったんだねー。
DBSも電圧を上げたんだね。まめも、今度の診察
のときに、SCSの電圧を上げてもらおうかなって
思ってるよ。
やすさんの気持ちよーくわかるよ。
電池の消耗を気にしてたら、何のために埋めたの?
電池の消耗を気にするあまり、何か大切なことを
忘れてない?って思っちゃうんだよね。
医者と患者のギャップ・・・感じるねー。
まめなんてこないだもろに感じちゃったよ。
だから今は病院に行きたくない病にかかってるよー。
ゲロピーしても、もう病院行くのやめたんだぁ。
吐いても食う!!で、頑張るよ。
Posted by まめ at 2009年02月02日 20:59
ケイ先生へ
そうそう!ケイ先生の言われるとおりですね。
食べずに痩せると、端的に言えば痩せにくい体になります。
エネルギー消費がエコになっちゃうんですよね。
最近保健指導をしていて思うんですが、メタボも
問題ですが、痩せすぎも問題ですよね。
BMIが10台の若い女性が多いのにビックリです。
・・・という私もそのいちみなんですけどね。
規則正しい生活習慣ってのが、一番大事な気がします。
これから始まる、いわゆる「メタボ健診」も、
腹囲や体重を減らすために「食事」と「運動」で
カロリー計算します。
睡眠ってのも大切ですよね〜。
さすがケイ先生だなぁ♪全国のメタボ&ガリさん
に伝えてあげなきゃいけませんね。
Posted by まめ at 2009年02月02日 21:25
TOMさんへ
こんばんは。
調子はいかがですか??
TOMさんにとって心電図は親しみやすいものかも
しれませんね^^;;
最近はすごくカラフルな教科書とか参考書で、
一般の人が見ても分かりやすいものが多いですよね。
TOMさんは勉強家だから、きっと読んだら理解できると思いますよ。
ま、自分の体のことですからね。
医学書って結構面白いですよ♪

まだまだ寒いですから、お互い体には気をつけましょ!
Posted by まめ at 2009年02月02日 21:47
優衣さんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。
CRPSと診断されたんですね。
それは不安で辛かったですね。
ここではたくさんおしゃべりとかして大丈夫ですからね。
お友達になりましょうね♪

あ!さすがにアドレスを公開されるのはまずいかと思ったので
私だけ分かるようにさせてもらいました。
これからもよろしくお願いしますね!!
Posted by まめ at 2009年02月02日 21:52
ゆかっぺさんへ
ホント、薬のコントロールって難しいよね。
なんか自分がこんな体だからさ、保健指導してても
説得力に欠けるかも・・・って思ったりして^^;;
でも、病気の人が早期発見できるように、健康な
人は、もっと健康になるように頑張るね。
まめにしかできない看護、見つけなきゃね^▽^
ぼちぼちいくね☆
ゆっくりゆっくり〜〜♪
ゆかっぺさんもお仕事どう??
軌道に乗ってるかしら?寒い時期だけど、お互い
乗り越えようね。
ファイト!
Posted by まめ at 2009年02月02日 21:56
ぴえろさんへ
えー!ぴえろさんって糖尿病なんですか。
へぇー、初めて知りました。
そうですねー、糖尿病もきちんとコントロール
いていれば付き合っていける病気ですもんね。
HbA1c5.2ですかぁ〜。ほどよい値ですね。
でも最近は、5.1以上で引っかかっちゃうから、
さいきんは厳しくなりましたよね。
そうなんですねー・・・。合併症が起こらないように
って願ってますね。

ケタミンも順調そうでよかったです。やっぱり
効果あるんですねー。いいなぁ、やってみたいな。
でも私はできないんです(涙)血流がよくなるのは
いいことですよね。私は、血流はわるいくせに
灼熱痛でグッタリですよ。
モルのみまくりーでゲロピーも拍車がかかってます>д<

いつもの先生と違うと緊張しちゃうの、分かりますよ。
私も先生の転勤で、呼吸器の先生が変わるときは
緊張しましたもん。
ちゃんとやってもらえるといいですね。
Posted by まめ at 2009年02月02日 22:05
>最近は5.1以上で引っかかっちゃう
 って、そうなの?!糖尿病の血糖コントロールの評価でもHbA1cの値によって優・良・可・不可の4段階あって、5.8未満だと優なのよ。もう既に値の高い人を対象にしてるから、一般の人とは基準が違うのかな?ちょっとびっくり。

先生違うとやっぱり緊張するよね。おまけに私の血管素直じゃないから、駆血帯しても姿見せてあげなくて、医師・看護師さん泣かせなの。いつも申し訳なくて(^^; 慣れない先生だと尚更、ね。その辺もしっかり申し送りされるかな。
Posted by ぴえろ at 2009年02月03日 20:42
ぴえろさんへ
そうなんですよ〜。基準値は5.8までなんですが
健診では5.2以上でひっかかります。
最近厳しくなったんですよ。だけど、5.8だった
ら大丈夫だと思うんですけどね。あくまでスクリーニング
の意味的にですから。

ぴえろさんも血管ないんですね〜。
私もなんですよ。正中静脈はバッチリなんですけどね。
点滴用の静脈がないので、もっぱら手の甲です。
血管でないと損ですよねー。
Posted by まめ at 2009年02月03日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。