看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2011年09月29日

三回忌

 イブとメイ.jpg
 まめが亡くなってから、今日で三回忌を迎え、あれから二年経ちました。

 まめが知らないこの一年わが国ではいろいろなことが起こりました。

 今年、正月から山陰では大雪になり、我が家は三日間孤立していました。夏は35℃以上という猛暑日で皆くたくた状態でした。9月も後半になりやっとここ2〜3日秋らしい季節になったというところですか。

 また、3月11日、東日本大震災および津波により、被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 本当に今の日本は、異常事態です。平穏な世界がまたふたたび来ることを願っています。

 さて我が家には、二人の元気印のワン子がいます。

 まず、一人目はチワワの「イブキ」です。以前このブログでも登場していますが、まめが名づけ親で、非常に正義感が強く、この家の守り神でまめの「忘れ形見」です。
 もう一人は、キャバリアという犬種で「まめ」という名前です。この子は、まめの性格と同じような天真爛漫で、いつも元気に家の中を走り回っています。まめの「生まれ変わり」だと思っています。いつもメイちゃんと呼んでいます。

この二人のおかげで私たち家族も癒され、何とかがんばって生活をしているところです。

 まめが亡くなって二年、私たちの日課として毎週土日、祝祭日にはかかさずお墓をお参りしています。

 今まで、「まめ」という子を記憶の片隅に残しておいて下さった皆様方には本当にありがとうございました。この場にて御礼申し上げます。

         まめの父
posted by まめ at 02:01| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。