看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2008年11月12日

受け入れる

昨日の夜ね、筑紫哲也さんの追悼番組見てました。

すっごいなんか、泣けた。

どこまでも前向きで、どもまでも輝いていた筑紫さんの人生って偉大だなぁって思った。

私さ、筑紫哲也のNews23の中でやってた他事争論好きだったんだよね。

面白かったし、あの人の言っていることってすごく筋の通ったことで、なるほどなぁって思ったもん。

後藤キャスターに変わってから、なんかちょっと寂しい気がしてて。

ニュースのリニューアルで、番組名から筑紫さんの名前が消えるときはなんか、切なかった。

でも、筑紫さんは場所を変えて最後まで闘ったんだね。

肺がんのなかでも、小細胞がんは極めて悪性度が高く生存率もかなり低いがんです。

ちなみに、32歳ガン漂流で有名の奥山貴宏さんも、この小細胞性肺がん。

人間の命は、限りがあります。

それは誰もが平等にやってくるもので、遅いか早いかの違いです。

でも、私もいずれは死ぬし、親だってきょうだいだっていずれは亡くなります。

「死」を直面するがん患者さん。

今日は2時間、ある患者さんの患者体験を聞きました。

貴重なお話だったよ。

日ごろはがんサロンでおなじみの患者さんなんだけど、今度患者体験を発表するらしくて、何もなしでは話しにくいから、予行練習がてら職場のMSWさんと聞かせていただきました。

なんかね、その方はお母さんでありおばあちゃんでもあるんだけど「子どもじゃなくてよかったって思ったときに、気持ちがパッときりかわった。私でよかったという喜びに変わった。」といわれたよ。

毎日がんの患者さんと接する中で、人それぞれなんだけど病気を受け入れるっていうことを皆さんしておられるんだよね。

それはがんだけにがぎったことじゃなくて、ただ今私ががん患者さんと接する機会が多いだけなんだけど。

病気を受け入れるって簡単なことじゃないと思うんだよね。

病気によっては、進行していったり、転移していったり。

そのつど人は受け入れていかなければいけない。

今、予後があまりよくない患者さんと関わっているんだけれど

話すのも、呼吸するのも辛そう。

この前「自分の命はもう長くない。」ってポツンと言われた。

どんな風に、受け入れてるのかなぁって。

まだまだやり残したことが、たくさんあるって言ってた。

だから、現状を受け入れるってホント、並大抵のことじゃないと思う。

みなさんは、自分の病気受け入れられていますか?

受容って言葉、私あんまりすきじゃないんだけど、受け入れることは同時に価値の転換だと教科書では書いてあります。

自分は、病気を受け入れられないと思っていても、それでも自然に日々を過ごしていく中で、過去を振り返られるようになったり、模索しながらも生活している。

それって適応してるってことなのかなぁって思います。

何がそうさせているのか・・・。

うーん、なんだろうね。

詩?合唱?仕事?

うーん・・・。

それもだけど、ちょっと違う気もする。

治りたいっていう気力?

なんだろうね。

受け入れるって難しい・・・。

でも今日もあしたも、病気を受け入れて生きてゆく。

そうやって毎日を笑って過ごせれたらいいかな。

ま、無理して受け入れることもしなくてもいいと思うんだけどね。


明日は病院&お仕事でーす。

さぁて、明日も患者さんのところへいくぞ。

あと今度の接遇向上の勉強会の内容も考えないとね。

悩んでなんて、いられないね〜。


posted by まめ at 19:37| Comment(15) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。