看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2008年06月29日

医療格差を知ってほしい

学会デビューから1夜あけ、今日はグダグダなかんじです。

本当は午前中も学会だったんだけど、さすがに体が「むり!!」っとさけんでいたので、お休みしました。

試験期間中の妹と二人、家でお留守番。

なんで「花より団子」がやってるの?と思ったら、映画がするからなんだねー。

今日は何をはなそっかなぁ。

ちょっと現実に戻って・・・。

みなさんは手術をしたことがありますか?

大なり小なり手術ってもんは、体にメスをいれるわけなんで、楽じゃない仕事だと思います。

私はオギャーと生まれて23年、5度の手術を経験しています。

体には6つの縫い傷ってのがあります。

体質的にですが、私はケロイドになりやすいんです。

ケロイドっていうのは、何らかの傷だったりニキビだったりのあとがキレイに治らないで、赤くもりあがったり、みみずばれの様に残ってしまうことです。

私には6つの傷のうち、4つの傷がケロイド化してしまいました。

その中でもひどいのは、幼い頃の心臓手術の傷跡。

もう21年前になります。

心臓手術自体発達してきたのはここ20〜30年のうちです。

だから、傷跡のことを配慮してもらえるようになったのはココ最近のため、私の胸にはでっかいケロイドの傷跡があります。

こいつがねー、いまだにひきつるんですよ。アタタタタ・・・って。

そしてさらにひきつるのが、バクロフェンポンプの傷ね。

こいつは右下腹部にあるんだけど、これが一番ひきつって痛いの。

ピリピリ、チクチク・・・。

アロディニアみたいな感覚。

どす黒い赤紫色になってね、痛いんだー。

古傷が痛むっていうけど、雨の日なんかは特にね。

形成外科に行きたいんだけど、田舎にはそういう形成外科だとか美容外科?ってほとんどないんだよね・・・。

こういうとき、都会はいいなぁって思うなー。

もともとこのバクロフェンは東京で入れました。

だから900キロ近く離れた病院なわけで、通うのが大変でした。

通院に旅費ウン万円がかりっていうね。

だけど、入院中はみんな地方から来ていて、みんなが大変そうだった。付き添いはホテルやアパートかりたり。

北海道から日帰りできている人もいたりいて・・・。

はやく地方と都会の医療格差がなくなってくれるといいなぁって思います。

実は今、東京のほかの病院に行ったほうがいいよってもいわれていてね。

でも、もう無理かなぁーって思ってる。

お金もないし、時間もないし。

よく「○○難民」という言葉が使われるけど、それも分かる気がします。

治りたくても、治療したくても、病院が選べない。

病院が選ぶほどない・・・。

大学病院は県内に1つしかないし、ベッド数400床をこえる高度先端医療のできる総合病院も県内に4〜5つしかない。

これでセカンドオピニオンといわれたら、県外に行くしかない。

だけどこれが田舎の現状・・・。

もし今の主治医の先生達が転勤されたら、確実に私は医療難民となってしまうわけです。

病気の治療をしても後遺症で苦しんでいる人たち、病気自体が難しすぎて自分の県内では治すことができない人達・・・。

たーーくさんいるのです。

医療格差があるということ、医療格差によって最良の医療が受けられない人がいるということ、知ってほしいです。

今日は真面目な感じでしたぁ。


posted by まめ at 17:08| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。