看護師になることを夢見て、大学に入学した18歳の冬、
私は突然CRPS(RSD)を発病しました。
それは、ちょっとした手術が原因で起きた悲しい出来事でした。
それから、固定ジストニアという原因不明の難病、肺胞低換気、
多嚢胞性卵巣症候群を次々に発病。左手と両足の自由を失いました。
脊髄刺激装置(SCS)とバクロフェンポンプ(ITB)を体に埋め込む手術をして、
長い長い入院生活を送りました。でも、負けてなんかいません。
今は、世にも珍しい車椅子ナースとして病院で働いています。
毎日、命を見つめてたくさんのことを学んでいます。
そんな闘病生活の中、たくさんの言葉のカケラが頭をよぎったのです。
そんな言葉を集めてできたのが詩でした。そして詩集を自費出版したところ、
多くの方から共感をいただきました。
また、私が書いた詩が合唱曲になり、それが楽譜になり音楽之友社から
「混声合唱とピアノのための4つのポエム」として発売されました。

いろんな事に挑戦したい・・・そんなまめの日々の出来事を綴った日記。それがこのブログです。
どうぞ、来られた方はコメントを残してやってください。
たくさんの方とのお話が、私の励みとなって、病気と闘うガソリンになるからです。
以前より、個人に対する誹謗中傷のコメントが多く寄せられていました。 申し訳ありませんが、コメントは認証性にさせていただきます。 誹謗中傷コメントなどは表に出すことなく削除させていただきます。 ネチケットを守ってください。 よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ ブログランキング

2007年09月17日

しばらく

しばらく入院するのでブログをお休みさせてください

また,元気になったら

もどってきます
posted by まめ at 14:21| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

また・・・

みんな・・・

みんなごめん。

もっともっと看護を追求しようと思ったけど

だから働こうと思った。でもだめだった

だから大学院に行こうと思った

だけど・・・

そんな大金払ってまでして行って次に働けるのか

担任に言われた

これじゃ絶対受からない

まただ・・・

ピアカウンセリングを学術的に立ち上げたかったけど

まだできない・・・

ごめんね

がんばるから,いつかやってみせるから

それまで待ってくれますか・・・
posted by まめ at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詩集について

詩集についてのお知らせです

本当にほしい方は

mamemame330@yahoo.co.jp

までご連絡ください

詩集のお渡し方法についてお教えします。

料金が発生しますのでそれでもとおっしゃる方で

本当に読みたいと思われる方のみ限定にさせていただきます。

無くなり次第終了とさせていただきます

料金は本が800円と送料手数料200円の合計1000円になります

本来は無料でみなさんにお届けしようと思ったのですが雑費などかかってしまい申し訳ありません

メールにはお名前・ハンドルネーム・住所・電話番号をご記入ください

追って連絡いたします

よろしくお願いします

しばらくこれをトップページにします。日記はこの下からです
posted by まめ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

上を向いて歩こう

上を向いて歩こう

涙がこぼれないように

泣きながら歩く

ひとりぼっちのよる


この歌って,すごくいいですよね。

泣いていて,涙がこぼれないように上を向く

よくやりません??

だけど前向きな歌
        ..
とかくみんなと違うと思われがちな

障害者

だけど,泣くことも多いけど

上,いや前を向いて涙がこぼれてもいいから

歩こうよ
posted by まめ at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

予想通り

予想通りだったけど就職試験に落ちた

どうせだったら散々文句たれて,いやみいってくればよかったじゃん

障害を理由に落とす

今の時代にやってはいけないことだ

面接で,間接的に障害者はいらないといわれ

それでも我慢してにっこり笑っていた

障害者は使い物にならないといわれても

唇かみしめて笑顔でとりつくろった

これがまがりとおる

それが今の世の中だ

現実だ

これでいいのか

いいはずがない

いつか絶対見返す

あいつらじゃなくて

今の曲がった社会を

みんなも障害者だからって

めげずにがんばろうね

一緒にがんばろうね
posted by まめ at 11:10| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

1週間の休息

今日は地元に帰ってからの初めての受診

緩和ケア・ペインクリニック科に行ってきました。

そんでもって来週からまた入院することになりました

だいたい1ヶ月くらいをめどに在宅へ移行予定で

薬の調整で痛みとバトルして参ります。

1週間かぁ・・・

まぁいい気分転換です。

病院生活も慣れたもんだぃ,へへ〜ん。

朝起きて〜ねて〜飯食って〜ねて〜〜

おいおいって?

ジョークっすよジョーク

はは・・・・(汗)

DS持っていこーっと・・・

そうそう最近我が家のブームはブートキャンプっていうDVD

なんか今すっごい流行ってるらしいですね

もともとは米軍のトレーニング用に作られたいわゆる筋トレDVD

妹とお父さんがひたすらやってます

結構きつそう・・・・

あー私もあんなに体動かして,筋肉痛〜〜って言ってみたいなぁ

まぁ筋肉痛じゃなくても体いてぇ(爆)

っとまめばあさんは目を細めて2人を眺めるのでした


camomiさんの「前向いて 明るく行こっ」様とリンクさせていただきました。
よろしくおねがいしますね

posted by まめ at 17:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

10ヶ月ぶりに家で生活している

明日は地元に帰ってからの初めての受診だからまた入院かもしれないし

このまま在宅かもしれない

10ヶ月の入院のまえは一人暮らしをしていた

だから家で暮らすという免疫が弱くなっている

友達に聞いたんだ

うちらはもう普通の生き方できないのかなぁって

ともだちは・・・・うん

って言った

普通のおばあちゃんにはなれなくなった今

家がなんだか懐かしく

遠く,白くうっすらしたものに見える

いつか・・・・

それは今考えないことにしよう

今を精一杯生きて,明日を考えよう


よったんさんの『きまぐれなひとりごと』様とりんくさせていただきました。
よろしくおねがいしますね
posted by まめ at 13:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

くやしかったこと

くやしかった

あなたに看護は難しいといわれて・・・

くやしかった

それだけじゃ働けないと言われて・・・

くやしかった

先が見えないのが困るんですっていわれて・・・

くやしかった・・・

見返してやる

いつか,いつかみてろ

きっとビックになって驚かせてやる

クソォ・・・

そんな

そんな一日だった・・・・
posted by まめ at 15:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

偶然の再会

明日、この病院を退院するという退院前日

うれしいことがありました

それは、前回入院したときに同じ部屋でともにがんばった女の子とお母さんとの再会でした。

ちょうど半年前、彼女は開頭手術という困難と闘いました。県外からきている彼女のお母さんは毎日付き添っていました。

今日はちょうど外来日だったそうで、たまたま病棟をのぞいたら・・・

彼女は言います

今はあんな手術したのかなって思うくらいだけど、ここにきてあぁがんばったんだなって思った。
また今日からがんばらバイトいけないなって

お母さんはこう言います

この子は学校に髪の毛がないときでも帽子をかぶらずいったのよ。今はホルモンのお薬とかが欠かせないけれど今日またまめちゃんの顔を見て元気もらったね


前向きにがんばる2人から元気をもらいました

とかく人はイヤなことには蓋をしがちです

でも、彼女の言ったまた今日からがんばろう

に、まめは励まされました
posted by まめ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

CRPSとは?

このあいだ、慢性とうつうについて研究論文を書いておられる大学院生さんの研究でインタビューを受けました。

いろんなお話をして、最後のほうに

「あなたにとってCRPSとは?」

という質問がありました。

わたしにとってのCRPS・・・

なんだろう・・・

悩んだ末に出てきた言葉

わたしにとってCRPSは「教科書」

時にいろんなことを教えてくれます

痛みの辛さ

理解されない辛さ

CRPSという病気

病気によって学んだこと

出会えた人々

時に破り捨てたくなります

びりびりにやぶいて

つらくて

憎くて

燃やしちゃいたいくらい


だけど、ともに学んでゆくもの

持っていかなければならないもの

それが私の答えでした

みなさんも一度考えてみては・・・?

あなたにとってCRPSとはなんですか?
posted by まめ at 10:16| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。